ミドリの「MD NOTEBOOK」



ミドリの「MD NOTEBOOK」は株式会社デザインフィルが作るノートです。


書くことにこだわったというだけあって、他のノートや手帳とは1ランクも2ランクも上の書き味です。


これ、誇張じゃありません。


MD NOTEBOOK」で使われているMD用紙はなんと自社オリジナルなのです。


手帳やノートのメーカーで用紙まで作っているところはそんなにありません。


そもそも書き味とは何でしょう。


まず、適当な引っかかりがないといけません。


表面が滑らか過ぎると筆記具のインクがうまく乗らず、かすれてしまいます。


また、水性の筆記具だとインクが紙にしみこまず、結果、流れるかにじむかしてしまいます。


インクが乗りやすく、しみ込みやすくするためにはある程度ざらざらしている必要があるわけです。


かといってしみ込みすぎて裏写りするのも困ります。


それを防ぐためにはある程度の厚みが必要ということになります。


このMD用紙、触ってみたらすぐその違いがわかります。


適当なざらつきがあり、しっかりした厚みがあり、いかにも書きやすそうな予感があります。

実際に書いた瞬間、その予感は確信に変わります。


文字だけでなく、なにか絵を描いてみたくなるぐらいです。


おまけに糸かがり綴じのために、どのページを開いても平らです。


何かで押さえとかないと閉じてしまう、あの不快感はまったくありません。


この「MD NOTEBOOK」、文庫サイズ・新書サイズ・A5サイズの3種類となっています。


これは常に持ち歩くことが前提となっているのはもちろん、書き終わった後、他の本と並べて保管できるようにという心遣いでもあるのです。


いっぱい書いて本棚に並べたくなります。


書き始めから書き終わりまで、すべてこだわり抜いたまさにノートの逸品です。

システム手帳のページリフタ−

ページリフタ−というのは、要するにしおりです。

ほんとにしおりみたいな小さいのもあれば、リフィルと同じサイズで下敷き代わりに使えるのもあります。

僕は下敷き代わりになるサイズのを使ってるんですが、日付が変わるごとにバインダーからはずして付け替えますので、どうしても穴というか半穴というか、その部分が割れて来るんですね。

プラスチック製だとどうしてもそうなります。

それで、何かいい材質のはないかと、本家のファイロファックスとか調べてみたんですが、希望に合うのはありませんでした。

ところが、ある日、条件にピッタリのを見つけたんです。

なんと100円ショップで...

こういうショップはコストを下げるために、当然、材質を落としてきます。

それが逆に良かったみたいです。

早速試してみたところ、使い勝手は抜群でした。

100円ショップ恐るべしです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。