ドキュメント・スキャナ



ドキュメント・スキャナはイメージ・スキャナとよく似ていますが別物です。

イメージ・スキャナが画質優先なのに対し、ドキュメント・スキャナは操作性と読み取り速度が優先されています。

ドキュメント・スキャナのタイプにはコンパクト縦置き型とフラットベッド型があります。

一見、コンパクト縦置き型が便利そうですが、本を開いてスキャンできないのは致命的で、ここはやはりフラットベッド型を選ぶべきです。

どのメーカーの製品もパソコンのプリンタから印刷することができます。

でもそれではドキュメント・スキャナを導入した意味がなくなります。

ドキュメント・スキャナの役目は書類を減らしてデジタル化することだからです。

原則としてPDFの形式で、タギングしながら片っ端からスキャンしていく、それが本来の使い方なのです。
タグ:整理 PDF

ポストイットのカラーバリエーション

ポストイットは、色ごとに分けて使うと便利だし、そういう使い方が普通になってるようです。

でも、なぜ白のポストイットは少ないんでしょう。

私は完全なメモ代わりに使っていますので、書いたらすぐ手帳とかノートに貼っておきたいのです。

そして貼ってしまうと、完全にページと一体化してほしいのです。

黄色とかピンクでは、いかにもここに貼ってありますという感じで、目だってしょうがありません。

普通の文房具屋では白のポストイットをほとんど見かけません。

わずかに無印良品に置いてあるぐらいです。

白を求めるのっておかしいんでしょうか。

ローロデックスの意外な使い方

ローロデックスって知ってますか?

名前を知らなくても、見たらすぐわかります。

綴じた名刺をクルクル回転させながら見る道具です。

あれは別に名刺でなくてもいいと思いませんか?

例えば暗記カードの代わりに使ってもいいし、京大カードの代わりにしてもいいし、カレンダーにしちゃってもいいし、いくらでもアイデアが湧いてきますよね。

ものは別に決められたとおりに使う必要はないんです。

そうやって使ってるうちに、ここはこうやったほうがいいんじゃないか?というアイデアも浮かぶかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。