芯が回ってトガりつづけるシャープペンシル





これは予想を超えるシャープペンシルです。

最初、ノックしたときだけ芯が回転するのかと思っていたのですが、ノックとは関係なしに筆圧を感知して自動的に芯が回転するという、かなりハイテクなシャープペンシルです。

書いてるうちに芯が減って字が太くなるので、シャープペンシル自体を少し回転させて書く。

回転させているうちにクリップの部分が親指と人指し指のあいだにあたる


あの感触がいやでボールペンに乗り換えたという人もたくさんいます。


これでやっとあの不快感から開放されるわけです。


こういうのを見るとさすが日本だと誇らしい気持ちになります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。